インビザライン矯正の東京矯正歯科

【モニター症例写真】インビザラインの補助装置(アタッチメント、ゴム)【インビザライン】


インビザラインの矯正治療ではアライナーを装着する以外にも補助装置を装着することがあります。

初診時の何もつけていない状態です

 

反対咬合 受け口

歯の動きを向上させるために、【アタッチメント】といわれる歯と同じ色の樹脂でできた
厚さ1mm程の凸凹したものを歯面につける場合があります。
アタッチメントをつけることで歯の表面の凸凹を増やして、
よりアライナーと歯をしっかり固定し、色々な方向への歯の移動を補助します。


アタッチメントをつけた状態です

 

 

インビザライン アタッチメント

 

またアタッチメント以外にも小さな丸いボタンを歯やマウスピースの側面につけて
ゴムで引っ張ることがあります。それにより歯牙の固定を強化し、歯の移動を補助します。

インビザラインでこのゴムが使われるときは上下のアライナー同士を固定する際や
出っ歯や叢生、かみ合わせの治療などがあります。

アタッチメントはほぼみなさま装着いたしますが、ゴムは使われないケースが多々あります。

ゴムをつけた状態です

インビザライン 装着イメージ




マウスピース矯正のインビザライン。 モニター募集しています!↓
インビザラインモニター募集





矯正モニター募集中です

インビザライン矯正のモニター様を随時募集しております。
詳細は上記をクリック!
よくあるご質問