インビザライン矯正の東京矯正歯科

【ブログ】インビザライン矯正、治療の仕方


インビザラインでの治療は、透明のマウスピースをはめる他にも、
このような治療をすることがあります!!(個人差があります)

ストリッピングと言って、メタルストリップスというやすり状のものを使用し、
歯と歯のあいだを0.3ミリくらい削り、
歯を動かすスペースを作り、歯を動きやすくします。

メタルストリップス
ストリッピング
こちらをカット、滅菌して使用します。

そして、 歯の動きやすくする為にアタッチメントといわれる歯と同色の樹脂でできた厚さ1mm程度の豊隆を歯面につける場合があります。
アタッチメントをつけることにより歯の表面の凹凸を増やしてよりアライナーの歯牙の把持を強化し、
複雑な方向への歯の移動を補助します。 ↓↓↓

アタッチメントの写真

歯が確実に動くためには、1日20時間の装着が必要です。
最初は慣れるまで、大変かもしれません。

あなたの努力が、いつか綺麗な歯並びを手に入れることが出来ます。

東京矯正歯科
フリーダイヤル
0120-355-704




マウスピース矯正のインビザライン。 モニター募集しています!↓
インビザラインモニター募集





矯正モニター募集中です

インビザライン矯正のモニター様を随時募集しております。
詳細は上記をクリック!
よくあるご質問