インビザライン矯正の東京矯正歯科

矯正治療の必要性


矯正治療は、「歯並びを美しく整える」「見た目がよくなる」ために行う、
と考えている方も多いと思います

しかし矯正治療を行う理由は、見た目の問題だけではありません

歯並びが悪いことで、体に影響するデメリットはたくさんあるのです

歯科矯正

歯並びが悪いことで発生するデメリット

虫歯・歯周病になりやすい

歯並びが悪いと食べ物のカスがつまりやすくなります
歯磨きをしても歯ブラシの届きにくい場所があり磨き残しが出来てしまい、
虫歯や歯周病の原因となってしまいます
その結果、歯の寿命が短くなってしまいます

咀嚼機能の効率の悪さ

歯並びが悪いと、食べ物を噛んだり、噛み砕いたりすることが難しくなります
充分に噛み砕かれていない食べ物を胃に送り込み、消化すると、
胃に負担がかかり胃痛や胃炎などを引き起こす恐れがあります
しっかり噛める噛み合わせは、健康の素です

発音に影響を及ぼす場合がある

歯並びが悪いと歯の隙間から空気が漏れてしまうために音が乱れ、
はっきりとした発音が難しくなります
歯は発音に大きな影響を与えています

噛み合わせによる運動能力

プロのスポーツ選手が矯正治療をしているという話を聞いたことがありませんか?
「歯を食いしばる」という言葉があるように辛い時や
全力を尽くしたい時は歯をぐっと噛み締めるものです
噛み合わせが悪いと三叉神経に悪影響を及ぼし、運動能力を完全に発揮できないのです

逆に、歯の噛み合わせが良いと三叉神経は安定し、
運動神経の機能が向上して身体能力が発揮されやすくなります

正常な噛み合わせは、身体が本来持っている力をより引き出しやすくなります
歯の噛み合わせや歯の健康管理は、アスリートの命であるバランス感覚や
運動能力そのものに密接に関連しているということです

顎の関筋に影響を与える、顎が痛くなりやすい

強く噛む歯と全く噛んでいない歯の差が出てしまうため、
噛む力のバランスが悪くなり、顔が左右対称でなくなることもあります

肩こりや頭痛の原因にも

あごや頭の位置が不安定になり、それを安定させるために頭頸部の筋肉が異常に緊張し
肩こりや頭痛など、歯とは関係ない部分に影響が出ることもあります


こころの問題、心理的影響

歯並びが悪かったり、噛み合わせが反対だったりすると、
気になって口を押さえてしゃべったり笑ったりする方がいらっしゃいます
歯並びが悪いことが劣等感になり、心理的にストレスを与える場合があります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

矯正治療の技術は年々進歩し、新たな装置の開発も進んだ結果、治療の対象年齢も拡大しています
現在の矯正治療は、歯と歯ぐき、歯を支える骨(歯槽骨)が健康であれば
50代の方でも可能だといわれています

もちろん男性の方で矯正をされる方もたくさんいらっしゃいます

見た目のためだけでなく、ご自身の身体のためにも矯正治療を始めてみるのはいかがでしょうか?




マウスピース矯正のインビザライン。 モニター募集しています!↓
インビザラインモニター募集





矯正モニター募集中です

インビザライン矯正のモニター様を随時募集しております。
詳細は上記をクリック!
よくあるご質問