インビザライン矯正の東京矯正歯科

ワイヤー矯正、矯正装置・装着材料、方法


今回は皆さんと実際矯正装置がどのように歯に付けられていくのかをみていきましょう。

まず、装置を付ける最中は患者様にお口を開けて頂いておかないといけないので、
楽に開けれるように、ゴム製のものでお口をひらいたまま固定します。↓↓↓

矯正をする準備

装置をつける歯の表面のお掃除をしていきます。↓↓↓その際機械のブラシと研磨剤を使用します。

歯のそうじ

お掃除をしたら、いよいよ歯の表面に装置を付けていきますが、
その前に歯の表面にお薬(エッチング)を付けて、水洗、乾燥して装置を付けやすくしていきます。↓↓↓

Exif_JPEG_PICTURE

そして二種類の接着剤を使用し、光を当て、矯正装置(ブラケット)を付けていきます。↓↓↓

歯の表面に塗布する薬

装置が全部付いたら、ワイヤーをかけ、クリアスナップというスナップ、ゴムをはめていきます。↓↓↓

矯正装置

矯正装置

矯正装置




マウスピース矯正のインビザライン。 モニター募集しています!↓
インビザラインモニター募集





矯正モニター募集中です

インビザライン矯正のモニター様を随時募集しております。
詳細は上記をクリック!
よくあるご質問