インビザライン矯正の東京矯正歯科

歯の矯正治療中の歯磨きの仕方


歯の矯正中に一番大切な事それは歯磨きです

矯正中は、歯の表面にブラケット、ワイヤー、ゴムなどが付いてます。
何も付いていないときに比べて、大変磨きにくい、汚れが落ちにくい

そこで、当院でおすすめしている矯正装置を付けていても磨きやすい歯ブラシが、
マルケンブラシ

マルケンブラシ

某歯科医院の先生が公案、8年かけて作成された次世代の歯ブラシです。
このブラシの毛先は手作業で植え込まれているんですよ。
見て下さい!
毛先の太さが極細です。長さは、磨く力のコントロールができる様になっています。
大きなちからが働いても、しなってくれるんです。

磨き方としては、普段歯磨きしているように、歯と歯肉の間に歯ブラシの毛先を当てて
小さく円を描くように…クルクルと。

マルケンブラシの磨き方1

そして、装置の上からも歯ブラシの毛先を当てて
クルクルと。

マルケンブラシの磨き方2

大体、丁寧に磨くと10分くらいはかかります。
あと、このマルケンブラシでは、歯肉のマッサージもすることが出来ます!
歯肉には、たくさんの毛細血管が通っています。
そこをマッサージすることにより、歯肉の色も健康的なきれいなピンク色になってきます。

磨き方が分からない?というときには、是非ご指導させて頂きます!

東京矯正歯科
0120-355-704




マウスピース矯正のインビザライン。 モニター募集しています!↓
インビザラインモニター募集





矯正モニター募集中です

インビザライン矯正のモニター様を随時募集しております。
詳細は上記をクリック!
よくあるご質問